<< 5.00M33-4 導入記【インストール編】 | main | 5.00M33-4 導入記【チューニング編】 >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.06 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク
この広告は45日以上更新がないブログに表示されております。
新しい記事を書くことで広告を消すことができます。

5.00M33-4 導入記【エラー解決編】

 インストール編では、とりあえず5.00を導入する所までを書いた。
それから通常使用出来るまでに、いくつかの問題があり少し苦労した。
(前記事の最後のほうにも少し書いてあるが)その辺りの解決方法を書いておこうと思う。


 CFWの導入が終わり、機器名称やらLANの設定等を一通り終えたところで、cso(iso)のゲームを立ち上げたところ、エラー80020321と出て起動できない。
CFWインストール失敗かと思い焦った。
webでエラー番号検索すると、UMDが入っていないと・・・という記載があったが、3.71の時はUMDなんて入れていない。
もう少し調べると、(SELECT)のメニューで UMD ISO MODEをM33 driver に
というのを見つけたのでやってみると、すんなり起動できた。
 そういえば、初めてCFW化した時に同じ設定をした記憶があった。
 どうやら、5.00をインストールしたときにデフォルト(Normal)に戻っていたようで、分かってしまえば焦るような事ではなかった。
すっかり忘れていただけであるw

 設定の終わったNANDのバックアップをとっておこうと思い、パンドラでMMSを起動しようとしたところ、電源は入るがMSにアクセスせず起動できない。
 MMSは3.71を導入したときに作ったもので、5.00を入れる前にNANDのバックアップを取っているのでMMSは正常なはず、違うとすれば本体のCFWが変わっている。
(ちなみに、MMSおよびCFW導入には512MのMSを使って、普段CSO等は別の4GMSを使用している)
 そこで、Despertar del Cementerio v8でMMSを作成、再度パンドラで起動すると動いてくれた。
 3.71でのCementerio では、画面表示がされず真っ暗なままで □を押してバックアップを取っていたが、v8はメニューが表示されとても分かりやすい。
機能も色々増えている様だが、とりあえずNANDのバックアップを取って終了。

 act.datと言うファイルがある、PSNでダウンロードしたゲーム(有料、無料体験版ともに)管理情報が含まれたもので、他の機体には使えないとともに、無くしてしまうと購入したゲームが起動できない。(80010087)
 自分は普段使用のMSと分けているので関係ないが、Despertar del Cementerio を導入したMMSにゲームをダウンロードする場合
MMS:/TM/DC8/ に act.dat が存在する場合は削除しておく。
 そして、全ての人共通でPSNからゲームをダウンロード(購入)したら Flash2:/act.dat のバックアップをとるようにする事。


 最新FWを要求してくるソフトのバージョンチェック回避
5.00M33-4は≒5.00(OFW)なので、最新の5.02を要求するソフトが起動しない。
以前は、バイナリを弄っていたが、それだとPSNダウンロードの体験版などがうまく動かないとか(未確認)
version.txtを使った方法が良いようなので書き置いておく。
*PSAR Dumperを用いて、公式FWからversion.txtをdumpする。
*USB DEVICEをFlash0 にし、PCから開く
*flash0:/vsh/etc/version.txtをdumpしたversion.txtに置き換える。
(例、5.00(M33)のversion.txtを500version.txt にリネームし、dumpした公式5.02のversion.txtをコピー)
*PCのUSB接続を切り、リカバリメニュー(起動時 R 長押し)に入る。
*メニューからConfigurationを選択し、(一番下の)Use version.txtをEnabledにする。
*リカバリーメニューを終了し、再起動する。
以上。
 Flash0を弄るので少々慎重に作業しなければならないが、一々ソフトごとにバイナリを書き換えるより遥かに楽である。
 また、5.03以上になった場合は同様にすればバージョンチェックは回避できるはずである。
注)当然だが、本来要求のバージョンとは違うバージョンで動かしているので、正式バージョンが上がるごとに誤動作の可能性は出てくると思われる。
 これを理解した上、書き換え作業共に自己責任で行う事。


「まいいつ」をダウンロードして起動する事が出来た。
PCからFlash2:/を開き、act.datをバックアップした。

ここで、PSAR Dumperについて説明はしませんが、検索すれば分かります。
また、Flash0のファイルを書き換えるる際、フォルダーが隠し属性になっていて見えない場合がある、Windowsでシステム属性ファイルを見えるように設定するか、フォルダー名ファイル名を直接打ち込めば出てくる。
検索すれば常に表示させる方法が見つかると思うが個人的にはあまり薦められない。
Flash0を全て書き換えるので行う場合は極めて慎重に。



エラー80010013
今回自分はこのエラーに遭遇しなかったが
MS:/seplugins/game.txtが無い場合、PSNからダウンロードしたソフトで上記のエラーが出る。
結論はすでに出ているが、プラグインを導入していない場合、
MS:/seplugins/game.txt
は、存在しない。
 このgame.txtが無いと上記エラーになると言う事だそうだ。
つまり解決方法として、MSに”seplugins”というフォルダーを作って、さらに空の”game.txt”というテキストファイルを作って置いておけばよい。

 自分がそうであった様に、過去にプラグインを導入した事のあるMSを使っていればこのエラーには遭遇しない。




スポンサーサイト

  • 2010.04.06 Tuesday
  • -
  • 19:05
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< July 2014 >>
sponsored links
blu-raydisc /meister/
blu-ray meister
amazon
selected entries
archives
recent comment
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM